医療・福祉のプロフェッショナルとしてデビューする!
学校法人RWFグループ 四国中央医療福祉総合学院
資料請求はこちら
学科紹介
国家試験対策講座

社会福祉学科

学院の特色

  • 働きながら・・・子育てしながら・・・あなたの時間を上手に活用して学べる通信教育です。通学制と比べると、時間や費用の負担が少ないのも魅力です。
  • 密度の高い学習指導により、受験資格を得るための学習にとどまらず、将来社会福祉士として活躍する上でも参考となる学習内容で構成され、働きながら学ぶには最適のコースです。
  • 「学院出身者優遇制度」:通信課程への出願者が本学院の卒業生・修了生(通信課程)である場合に、入学金の全額を免除します。該当される方で制度を利用される方は、出願時に事務局まで申し出て下さい。
  • 社会福祉学科は、「一般教育訓練給付制度厚生労働大臣指定講座」の対象となっております。

社会福祉士とは

相談援助の専門家-『あなたらしく生きること』を支援する専門職!!

社会福祉が特定の人々を対象とするものから、より多くの人が利用する(必要とされる)時代となり専門家である社会福祉士の果たす役割も増大しています。

社会福祉士は一般にソーシャルワーカーと呼ばれており、福祉課題を抱えた方やその家族からの相談に応じ、また必要に応じてサービス利用やその解決を支援する役割を担っています。また関係する機関や専門職、ボランティア、そして地域との連携を図り、総合的かつ包括的に援助していくことも社会福祉士としての重要な役割です。

仕事をしながらでも目指せるキャリアアップ!!

通信課程では主に自宅学習により学びを深めます。テキストやその他関連図書等で学び、課題レポートを作成する記述式の学習です。

レポートは担当教員から添削指導、評価を受け合格点を得ることで科目履修となります。
計画的に学べるよう、スケジュールの編成にも配慮しています。レポート提出のための学習の地道な積み重ねが、国家試験受験勉強の際に大いに生きてくるでしょう。
学習上の質問や相談は、FAX・電子メールで随時受け付けています。

専門職としての水準の高さを示す国家資格!!

社会福祉士が活躍する領域は医療、保健、福祉分野に止まらず、教育、産業、司法分野においてもその活躍が期待されます。介護保険法改正による地域包括支援センターへの配置や、成年後見制度における後見人、そしてスクールソーシャルワーカーとして小中学校への配置の動きなど、社会福祉士の活躍の場は益々広がりを見せています。各現場では、専門職としての水準の高さを示す有資格者(国家資格)として社会福祉士を求める傾向が広がってきています。

≪資格を活かす職域≫
■ 社会福祉関係施設 : 高齢者・障害者・児童・母子福祉関係各種施設、 地域包括支援センターなど
■ 医療機関 : 医療ソーシャルワーカー(MSW)
■ 社会福祉協議会 : 福祉活動専門員
■ 行政 : 福祉事務所(ケースワーカー)、児童福祉司、身体障害者福祉司、知的障害者福祉司
■ 成年後見制度 : 後見人
■ 教育(学校) : スクールソーシャルワーカー

社会福祉学科の特色

受講生同士のネットワークで国家試験合格への力を!!

本科通信課程の受講生には福祉・医療関係機関、施設で働く方々も多く、国家試験受験に向けたサポートネットワークを受講生同士で作り上げていることも特徴の一つです。特に面接授業(スクーリング)などでの交流を元に、これらのネットワークを卒業後も活かしていくことができます。

スクーリング日程はこちらをご覧ください。

社会福祉学科の募集要項についてはこちらをご覧ください。
学費についてはこちらをご覧ください。

Photo

スクーリングの様子

本学教員の巡回も実施。安心の相談援助実習!!

入学時、実務経験1年未満の方は、相談援助実習(以下「実習」)が必要です。

実際に社会福祉の現場で実習を行い、相談援助に関する専門知識、専門援助技術および関連知識を学びます。実習開始は、前期スクーリング「相談援助実習指導」受講後に、本学院が指定する施設において連続180時間以上行います。(2~3日や、1週間単位で分けて実施すると行った事はできません。休日等は実習先の施設の日程に合わせます。)また、実習前には実習施設へ訪問し、実習指導者と打ち合わせの上、実習計画を作成します。さらに実習中には、本学院教員が巡回指導にあたりますのでご安心下さい。

PAGETOP

在校生の声

社会福祉学科学生

◆社会福祉学科 宮崎 由加里さん◆

ケアマネージャーをしている母の影響もあり、私も福祉の道を目指したいと思い、結婚・出産を機に通信課程受講を決めました。当初は、学習と主婦・子育てとの両立に不安でしたが、子どもが寝ている時間をテキスト学習やレポート作成にあてるなど、それまで以上に時間を有効活用できるようになりました。また、実習においては託児所等の心配がありましたが、託児所近くの実習地を探して頂き、とても助かりました。

現在も、社会福祉士を目指し学んでおりますが、その内容は身近な育児や家庭にも関わりのあるものでとても楽しく、日々自分自身の視野が広がっていることを実感しています。

募集地域

◆現在の居住地 : 愛媛県、香川県、徳島県、高知県、岡山県に在住の者

取得できる資格

◆社会福祉士国家試験受験資格

※本学では社会福祉主事の資格は取得できません。

カリキュラム

一般養成課程(通信制1年8ヶ月)
  • 人体の構造と機能及び疫病
  • 心理学理論と心理的支援
  • 社会理論と社会システム
  • 現代社会と福祉
  • 社会調査の基礎
  • 相談援助の基盤と専門職
  • 相談援助の理論と方法
  • 地域福祉の理論と方法
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 福祉サービスの組織と経営
  • 社会保障
  • 高齢者に対する支援と介護保険制度
  • 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  • 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
  • 低所得者に対する支援と生活保護制度
  • 保健医療サービス
  • 就労支援サービス
  • 権利擁護と成年後見制度
  • 更生保護制度
  • 相談援助演習
  • 相談援助実習指導(該当者のみ)
  • 相談援助実習(該当者のみ)
  1. ホーム
  2. 学科紹介
  3. 社会福祉学科
PAGETOP
〒799-0422 愛媛県四国中央市中之庄町1684-10
Copyright(c) RWF group All rights reserved.